仮想通貨の始め方と儲け方

仮想通貨投資家に聞く!【M.Kentさん編】おすすめの通貨と投資を始めた理由とは?実際に儲かるの?

仮想通貨 儲かった おすすめ通貨

SHARE

仮想通貨投資家に聞く!【M.Kentさん編】おすすめの通貨と投資を始めた理由とは?実際に儲かるの?

2017年は『仮想通貨元年』と呼ばれ、大きなブームが巻き起こりましたね。

資産を失い相場から退場していく人もいる中で、生き残っている人達は実際にどれくらい儲かったのでしょうか?

仮想通貨投資について、3つの事をトレーダー・主婦・ブロガーの方に取材しました。

取材内容はこちら
  • 仮想通貨を始めた理由
  • 実際にいくら儲かったのか
  • おすすめ仮想通貨ランキング
    (BCH,ETH,ETC,NEM,XRP,MONA,LISK,LTC)から選択
今回はトレーダー兼ブロガーのM.Kentさんの取材記事です。

専業トレーダーの
ビットコインFX奮闘記

仮想通貨を始めた理由

私は8年ほど前から、為替(外国為替証拠金取引)やアフィリエイトなどで生計を立てていました。

それ故、割と早い段階から投資として仮想通貨を知っており、実は当時から軽くビットコインを買ってはいました。

しかし、Mt.Gox事件を境に「投資としてはリスクが高すぎる」と判断して、長らく撤退しておりました。

それから暫くした2017年の6月頃、Twitterで久しぶりに「ビットコイン」というワードを見かけ、マナさんのブログ「貯金1000万円を仮想通貨に換えた男のブログ」を知りました。

そこで、私が始めた当時の仮想通貨市場とは異なる「お祭り感」を感じ、再度仮想通貨投資を始めることにしました。

投資額が幾らに増えたか

仮想通貨ではあまり増えていませんね笑

というのも序盤、ものの見事に「ドロ沼通貨」に手を出してしまいまして・・・。

MGO、Game、TNT、XRPなど、そういったものに手を出してしまった故、序盤にかなりBTCの枚数を減らしてしまったのです。

補足説明

MGO(モバイルゴー)やGAME(ゲームクレジット)は損をした方が多い銘柄です

このようにスタートから大きく出遅れてしまったため、1000万の原資だったにもかかわらず現状5000万円程度にしか増えていません。

とはいえ、為替と両刀で運用してきたのでそれらを含めると、他の皆さんとそこまで変わらないと思います。

また、今年に入ってからビットコインFXを始め、下落相場でも利益を出せているのが救いですね。

今から仮想通貨投資を始める方は、仮想通貨のトレードだけでなく、下落相場でも利益を出せる「ビットコインFX」についても、ある程度知っておいた方が良いと思いますよ。

おすすめ通貨ランキング

1位 リップル(XRP)

他の方も私同様に、XRP(リップル)を推していると思います。

現状、ビットコインは大きな下降相場にあります。そんな中、多くの仮想通貨はビットコインを介して取引されます。それ故、ビットコインが下がってしまえば、円建てでは含み損になってしまう可能性があるわけです。

XRPの魅力は、「もし仮に、ビットコインが滅んだとしても、仮想通貨市場が滅んだとしても実用化に向け、ゆくゆくは実需を生む存在になり得る」という点です。他のメジャー通貨をみても、これほど実需がハッキリしている通貨は少ないと思います。

2017年は仮想通貨元年として、多くの通貨が注目され投資先とされてきました。しかし、市場全体が盛り上がった後の今現在、これから注目されていくのは「これからも生き残っていくであろう通貨」でしょう。

それらを踏まえると、比較的実需層がハッキリしている「XRP(リップル)」は長期銘柄としても推奨できる通貨だと思います。

2位 BTC(ビットコイン)

いわずともがな…ですが、アルトコインを購入する際には、大抵の場合ビットコインで購入しなくてはなりません。

つまり、仮想通貨市場はBTCを中心に回っているわけです。

「仮想通貨投資をする」ということは、すなわち「仮想通貨市場の発展に期待している」ということだと思います。

であれば、その中心に君臨しているビットコインは少なからず持っておくべきだと考えます。

現状、BTCは大きな下げトレンドの最中です。しかし、ライトニングネットワークやアトミックスワップ、ETF上場などの好ファンダも控えています。

もし、仮にそれらが実現すれば、仮想通貨市場に再度大きなお金が流れてくることも期待できます。

また、仮想通貨市場にお金が流れてくる際、アルトコインを買うにしても、まず最初にはビットコインを買わねばなりません。

ですから、どうあれビットコインは買っておくべきだと思います。

3位 ビットコインキャッシュ(BCH)

ビットコインキャッシュは、ビットコインのHFにより生まれたコインです。ブロックサイズなどビットコインの欠点をフォローしているような感じのコインですね。

先ほどお話ししたように、ビットコインには今後、ライトニングネットワークやアトミックスワップ、ETF上場などの好材料が期待されています。

しかし、これは必ず実現するわけではありませんから、あくまで「実現すればかなりの上昇が期待出来る」というような感じなのです。

となると、ビットコインだけでなく、ビットコインに代わる通貨になり得るBCH(ビットコインキャッシュ)もリスクヘッジとして持っておくべきだと思います。

他の通貨を安く買える
取引所もチェック

他のインフルエンサーの体験談も読んでみよう

この記事と同じ形式で、Twitterで影響力のある人(インフルエンサー)にインタビューしています。

彼らのTwitterをフォローしておくと、最新情報も得やすいですからおすすめですよ。

インタビュー記事
一覧を見てみる